カテゴリー「2012年のこと」の記事

2012年11月 1日 (木)

里の秋

Photo_4 大麻比古神社の例祭でした。

氏子の我が家ですが、義兄がなくなったため、今年はお参りには行きません。

辻々にはこのように提灯が風に揺れ、日が暮れると明かりが灯り、田舎の秋を感じます。maple

ビュービューと風が吹く寒い日でした。

小学校は昼からおやすみlovely




まみちゃん 誕生日ですね (o^-^o)

おめでとう wine wine

Kosumosu

Photo_7

|

2012年10月22日 (月)

菊人形

Photo菊人形です。清盛と時子。

 

鴨島の駅前で毎年大河ドラマの主人公をかたどって展示しています。

 

龍馬とお竜とか・・去年は誰だったか・・?

 

鴨島といえば菊人形~小学生のころ遠足にきたことがあります。

 

レトロというか、昭和というか・・この変わらなさ、なつかしさがいいです。

 

10年以上も鴨島に通っているのに、ちらっと眺めてほぼ素通りしていましたが、写しておけばよかった。

Photo_2

かまきりが産卵中です。庭のあちこちに卵があります。お疲れ様!birthday

P2012_1023_083635


このアマガエルは、夏からずっとこのひしゃくの柄の中に居候していました。そろそろ地中に引っ越しそう cafe

P2012_1020_104142

コテちゃんは、日差しに合わせてロングになって昼寝しています。

|

2012年10月 9日 (火)

新しいパソ

Photoパソコンが新しくなりました happy01

デスクトップを金づちでたたかないと映らなくなって pout・・・・ついに購入~

面倒なんですよね。慣れるまで。

このブログにログインするのにさえ、半日かかってしまって wobbly・・・なぜだ?

画面は大きくなって、色もきれいなのはいいけれど、機能がありすぎて、じゃま!

慣れれば便利なんでしょうけどね。

まあ、ぼつぼつと書いてゆきます。

  sunsunsunsunsunsunsun

←洗濯物を取り込んでいたら、さっそく上に乗ってお昼寝のコテ。

おとうさんの部屋着なんですけど・・・coldsweats01

お日様のにおいがするもんね^^

|

2012年10月 1日 (月)

おにいさん

Photo_3 大きくて強い台風17号は、たいした被害もなく、この地を通り過ぎました。

中秋の月が、雲間から煌々と光を放っています。

目が痛くて眩しいほどです。

透き通って身体の中までも通り抜けていきそうな月の光を受けていると、言いようのない寂しさがこみあげてきます。

今年の六月に夫の長兄が亡くなり、その旅立ちを待たずに次兄が入院し、八月には帰らぬ人となりました。

95才の義母が健在だというのに・・

昨日四十九日の法要を終え、重い重い墓石を動かして、納骨しました。

長兄の時は、ぎらぎらと照りつける夏の日でしたが、次兄の納骨は、彼岸花の咲く道を秋風が通る日でした。

今夜は、虫の声と一緒に義兄たちの声が聞こえてきそうな月夜です。

2人の義兄とも近くで暮らし、仲が良かったのです。お世話になりました。

そして、「元気でいるか。おとうさんは嬉しいぞ」と言った、父のやさしい声とハンサムで穏やかな顔が浮かびます。

大きな自然の流れの中で、ささやかに生きている小さな私。

限りある命なら、精一杯生きよう。

せっかく受けついだ命なら、大切にして明るく生きよう。

|

2012年9月30日 (日)

七年目の読み語り

Photo_2 ←これは、絵本の読み語りにおじゃましている学童保育の九月号の会報です。

何か書いて欲しいと言われて、苦手なところを頑張って、つたない文をお届けしたら、記事になりました。

折角なので記録として置いておきます。

        ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon

7年目の読み語り     

 

板東児童クラブに絵本を持っておじゃまするようになって、7年目になります。

今も「気に入ってもらえるかなぁ」とドキドキしながら公民館に向かう気持ちは、最初の頃と変わりません。

板東児童クラブで絵本の読み語りをしようと思ったきっかけは、地元に何か御礼をしたいと思ったからです。

嫁いで来て以後、ずっとこの地で幸せに暮らし、子育ても無事に終え、これからは無理のない範囲でお返しをする番がきたと思いました。

それには絵本の読み語りが自分には一番あうのではないかと思ったのです。

職業上、人前で話したり読んだりすることはあまり負担ではありませんし、公民館はすぐ近くだし・・・

とはいっても、絵本選びには苦心しています。

有名な作家作とか誰かの推薦とかいうのは参考にせず、自分の好みに合う絵とその時の気持ちに添う内容で、あまり長くないものを探します。

そしてそれに自分で編集したBGMをつけます。

音楽をかけて読んでいると、お話しに入り込んでくれますが、寝てしまう子もいます。

気持ちよさそうで、それもいいなあと思います。

 お話し会だけでなく、年に一度、敬老の絵手紙作りもしています。

今年も先日無事作り終えました。

お話しを聴くのは、内容に好みはあってもみんな大好きです。

でも絵を描く事は好きな子と苦手な子がいます。

苦手でも大好きなおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントするために一生懸命描きました。

絵手紙が届いたら、うんと褒めてあげてくださいね。

おじいちゃんおばあちゃんに喜んでいただこうと考えている時の顔は、嬉しそうでしたよ。

2年前板東児童クラブが10周年を迎えたとき、「2010年の春」という絵を描かせていただきました。

子供達になぞらえた子うさぎが桜の木の下でけんだま遊びをしている絵です。

入り口の扉の上に飾ってくださっています。

児童クラブの子供達は子うさぎのように幼くかわいいですが、少し見かけなくなって、ふとJRで目があって挨拶してくれた高校生は頼もしい児童クラブのOBOG達。

今児童クラブにいる子たちがおとなになった時、「桜の木の向こうから、絵本をかかえて楽しそうにやってくるおばさんがいたなあ」などと思い出してくれたらいいなあと思います。

|

2012年9月20日 (木)

10回目の作品展

Photo  遅くなりましたが、講座生の皆さんの作品展をしました。
 

8月24日から9月6日まで(もう過ぎてしまって、すみません)新装なった徳島市シビックセンター市民ギャラリーで開催することができました。

うれしいことに今回で10回目の作品展でした。

思い返せば、最初の頃は生徒さんの作品が少なく、会場壁面を埋めるために、私がB全パネルで6~7枚描いたかなぁ coldsweats01

その時、とある雑誌社から~掲載しませんか~なんてご連絡いただいたこともあったような・・・・

はじめは絵手紙だけの展示でしたが、そのうちに水彩画講座の方が加わり、またある時は、先輩に特別出品をお願いしました。

今回は、私の地元の公民館の絵手紙講座の皆さんが、ゲスト出品でデビューしました。

そんなこんなで、だんだん講座生のみなさんの力がついてきました。

私は、製作中の皆さんの様子をスケッチして、会場の空いた場所に飾り、あとでお一人ずつにプレゼントしました。

|

2012年5月21日 (月)

金環日食

Photo 今朝、金環日食の観測・成功~sun


←私の太陽観察メガネです happy01

太陽の周辺を雲がおおっていて、ダメかなあと思っていたら、雲を透してくっきりとリングが出現 ring

我が家周辺の場合は、メガネがなくても眩しくなく見えたような・・・


宇宙の雄大な営みを思えば、人間などちっぽけな存在だなあと、改めて思います。Photo_2



こてちゃんも私も 同じ地球の仲間。

飼い主のおかあさんだからといっていばるなよ~angry (こての声)

|

2012年3月11日 (日)

放射能のこと

Photo 震災から一年が過ぎました。

亡くなられた方、今なお行方がわからない方々には、哀悼の気持ちを献げます。

小雪が舞う東北の海岸で、花束を捧げて、亡くなったご家族に手を合わせる人たちの姿が、テレビに映し出されていました。後ろに見える建物は、廃墟となったまま・・・

心からのお見舞いを申しあげます。

私は、被災地で復興が進まないのは、原発のせいだと思っています。

この一年は激しい怒りの連続でした。

政府と、東京電力と、この国の有り様に対して・・・。

ブログで触れなかったのは、書こうとすると、腹が立って腹が立って、ちっとも筆が進まなかったからです。

私自身が一年前と比べて変わったことは、

今日命あることに、感謝する気持ちが、大きくなったこと。

散らばって暮らしている家族が、その地で暮らすことが困難になった場合、いつでも受け入れられるように、準備をはじめたこと。

ガイガーカウンターで放射線量を測るようになったこと。これからは必需品になると思います。本当はもっといいのが欲しいけど、高いから、これでガマン。

食べ物の産地、加工地を厳しくチェックしていること。放射線検査をしてくれるコープに加入しました。山のように品物があふれるスーパーで、買う物があまりないなんて、信じられない事態です。

水は、ウォーターサーバー、スーパーのecoa、ネット購入のクリスタルガイザー、ペットボトルの石鎚山とか大山の水、そして水道水を使い分けしています。

掃除をよくするようになりました。掃除機は新しくダイソンに買いかえ。

テレビの言うことが全く信じられず、インターネットで情報を求めるようになりました。

「今日は風向きが悪いから、出来るだけ屋外には出ないように」なんて言って、家族にうるさがられています。

住んでいるのは四国ですが、放射能汚染については、シビアにとらえています。今のところ、近所に仲間はいません。

震災以来ずっと、怒りと焦燥のため、神経がささくれて、いつも戦闘モードになっていました。

どうにも残念ですが、福島第一はよくなっていきそうもないし、瓦礫の拡散で、ますます放射能はばらまかれ、安心できる土地も食品も、減っていきそうです。なんという愚策!

しかし、それでも生きていかねばなりません。この国で、出来るだけ元気に。

私が子育てをした時代には、農薬と食品添加物に気を配ったものですが、娘たちは、もっと手強い放射能にも気をつけねばならない・・

本当に無念です。

|

2012年3月 3日 (土)

今年の雛の日

Dsc01455暖かな雛の日でした。明るい光が早春を告げてくれています。

テレビの前に小さなおひなさまを飾りました。絵手紙の教室でモデルになってもらっているおひなさま方です。

Dsc01456_2

おととし蕗を植えて、初めて顔を出した蕗の薹。



Dsc01457




紅梅が見事に開いていたので、可愛いピンクの椿(天津乙女)と一緒に甕に投げ込んで、玄関に置いてみました。

 








こちらは、春なのに家から一歩も出られず、ちょっと切ないコテちゃん。

イジイジ・・・かみかみ・・・

Dsc01448

|