カテゴリー「2011年のこと」の記事

2011年10月 2日 (日)

絵本

Dsc01232jpgko ←ちゃんと共生できています。

こてちゃんとりぼんちゃんです eye happy01

     notenotenotenotenotenotenotenote

話は変わりますが、絵本を創っています。

なかなか出版するチャンスもなく shock

出版活動してないのだから、当たり前だけど・・ snail

ページ毎にスキャンしてブログに載せるのも大変だし・・・sad

と、思っていたら、ヤフーに投稿する場がありました。sun

で、なんとか載せることができました。

cherryまどのむこう

http://www.pict-box.com/ehon/1090  

画像がきれいに出なかったことと、文字も読みづらいですが、まあ、やりかたがわかっただけでも収穫 happy01

ご覧くださいね。ご感想もよろしくお願いします  o(_ _)oペコッ

10月7日 追加しました。

2作目はcherryえがおっていいな

http://www.pict-box.com/ehon/1129

|

2011年9月20日 (火)

うちのねこ

Dsc01003_2

台風が近づき、外に出られず、授業も休講となってしまいました。

どうも最近の気候は乱暴です。小さな被害ですみますように・・・

さて、ご紹介が遅くなりましたが、うちの新しい家族です。

shineこてつshineと申しますconfident こてちゃんです。オスねこで推定5さい。

神奈川にいた次女が、震災のあと、連れて帰ってきました。本人なりの理由で帰るつもりでいたところ、震災にあい、ともかく連れて帰ってきたようです。

ねこは飼ったことがないし、何と言ってもうちには金魚の りぼんちゃんがいるし・・・

でもいいわ!遠いところを帰ってきたんだもの。それに、こてちゃんが次女を連れて帰ったとも言える・・fuji

それから、半年近くすぎ、すっかり家に慣れ、食べて寝て、食べて寝て、家族のアイドルhappy02 なかなかのイケメンです。Dsc01002 

美猫ともいう!             

こてちゃんは、去年、東京で里親募集をしていた方から譲り受けたそうです。

迷いねこだったらしく、保護された時には、首輪をつけて、トイレのしつけもちゃんと出来ていたそうです。

でも生きていく上でのハンディを背負っています。

たくさんいるネコの中からこのこを選んだ次女の気持ちがよくわかります。彼女らしくて心打たれます。

Dsc01004 Photo_2

人間3人と、金魚とねこと

仲良く暮らしています。

|

2011年9月 3日 (土)

モンゴルへ行ってきました

Dsc01104_2 先月16日から19日まで、長女が暮らすモンゴルへ行ってきました。

7月と8月は関西空港からMiat(モンゴル航空)の直行便があります。

火と金の2往復しかないですが、なんとかチケットを購入。ほぼ満席でした。

関空から、モンゴルの首都ウランバートルのチンギス・ハーン空港まで、4時間半ですが、そのうちの1時間強が、赤い砂漠。これがゴビ砂漠かあsunただひたすら砂漠が続く。暑そうだなあsun

そのうち、うっすらと緑の透明水彩絵の具を掃いたように地面の色が変わり、パラパラと金平糖を散らしたようにいろとりどりの屋根が見えたと思ったら、もう、ウランバートル。

雑然と、そして活気のある首都ウランバートルから車で小一時間、

そこは360度みわたせる広大な広大なゴルフ場のような大草原sun

牛はのんびり草をはみtaurusDsc01174_2

おじさんが上半身裸で馬に乗ってhorse牛を追う・・・taurustaurusaries

ほんとのカウボーイだぁrunhorse

Dsc01140

点々と白いゲル、ぽっかりと浮かんで流れる真っ白い雲cloud

こんな世界があったのね~

別世界。

Dsc01160_2

足元をみれば可憐な花

高山植物で、皆小さくひっそりとかわいい。Dsc01162

夜は満天の星Dsc01186

上手く写せなくて、これは夕暮れ時。

10時ごろまであかるかったです。

日本との時差は1時間。

田舎は自然の宝庫のようでした。

しかし、電気も水道もなかった・・・毎日暮らすには大変でしょうが、旅行者にはそれがいい。

ところが、ウランバートルは、ひねればお湯が出る近代都市impact

Dsc01129

そして町中が建設ラッシュ

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

ブロックやレンガを積み上げているけど、芯がなく、ただ積んでいるだけのように見えるんですけど・・地震が無い国はこれでいいのでしょうか?Dsc01191

民族学博物館にも行ってきました。

モンゴルのヒトの顔は、確かに日本人に似ていますが、体型はロシアに近い。

性格はあっけらかんとしていて、几帳面きまじめな日本人とはだいぶ違うような~。

だって博物館の監視員のおばさんが、展示物の前でアイスクリームを食べてたんだもんcoldsweats01

|

2011年3月17日 (木)

桜咲く校庭

  東北関東大震災 こころよりお見舞い申しあげます
私は四国に住んでいますので、今回は何も被害を受けることなく無事におります。しかし、友人知人は東北北関東にもいて、テレビをみながら気をもんでいます。
さて、↓の絵は、カナダのギャラリーに飾っていただいている私の絵とコメントです。
Dsc00979s 穏やかな気候の日本は、四季折々の花に恵まれた美しい国です。そのたくさんの花の中でも、私は<さくら>が大好きです。特に、学校の校庭の桜は、子供達の成長を暖かく見守っているような気がします。花びらが散る時、やさしく頭をなでてくれているような気がしませんか。この絵は、和紙を揉み紙にしてから、その上に 日本画の岩絵の具を使って描きました。
< 追記>
 先日、日本は大変な災害を受けました。
一瞬にして、昨日までの幸せな暮らしを失った人たちがたくさんいます。
悲しみと不安は大きいですが、復興していかなくてはなりません。
勇気を持って進んでいかねばなりません。
日本人にとって、桜は新しい生活の始まりを告げてくれる希望の花です。
先だってバンクーバーのルーファスリンギャラリーというところから、この絵の展示を依頼したいというメールをいただき、嬉しく光栄に思い、作品を送りました。
3月14日から5月6日まで展示してくださいます。
展示が始まってからブログでお知らせしようと思っていたら、この度の大震災。
カナダに旅行するおついでのある方はのぞいてみてくださいね・・・などと暢気なことは言えない気持ちです。
出品作品について作者のコメントを書く欄があったので、追記として震災に触れさせていただきました。
不安な日々ですが、良い方向に向かっていきますように・・・
<9月3日 追記> 「桜咲く校庭」は、ルーファス・リン・ギャラリーに寄贈いたしました。

|

2011年3月 5日 (土)

雛の春

Dsc00964 ここ数日とても寒くて、雪やみぞれの日もありましたが、今日は暖かくホッとした一日でした。

行きつ戻りつ、こんな感じで春がすすんでゆくのでしょう。

10日ほど前から、庭にメジロの群れがやってきています。

やっと写せたのですが、わかるでしょうか?

右下の隅に二羽います。

まあ、私の写真のウデはこの程度で・・・ 一応、梅の花にメジロが集まっているところです。Dsc00966

つづいて、石の前にひょろっと立った30センチほどの苗木。

全身に花をつけています。

サクラモモという名だそうでおひな祭りの時に咲く桃で、去年挿し木にしたのをGさんにいただいたのが、ここまで育ちました。

他の桃は旧のお節句の頃でないと、咲きません。

Dsc00973

そして、これは我が家のお雛様。

大きな段かざりを組み立てるのは面倒なので、小さなお雛様をテレビの前にちょこっと置いて、これで充分しあわせheart01

|

2011年2月 4日 (金)

やっと立春だ~

Dsc00955 昨日今日と暖かく、さすが暦どおりの気候 sun

窓越しに庭を見たら、ミカンを半分に切ったのを野鳥がつついていました。

毎年今の時期になると、ミカンやりんごを小枝に挿したり石の上に置いて、野鳥が食べにくるのを眺めています。

でも、鳥インフルエンザが心配なので、こういうことはしない方がいいという声もあります。

折角遠いところから、うちに来てくれたのに、何のおかまいもしないのは、申し訳ない気がするし・・・

この鳥は何という名だろう。

珍しい鳥がたくさん訪れます。ジョウビタキもみつけました。

appleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleapple

(追記)   Nさんから、この野鳥はイソヒヨドリのようです・・・というご連絡をいただきました。

ただイソヒヨドリはお腹が茶色だそうです。

う~ん・・どうだったか・・・もっとお腹や背中も写しておけばよかった。

Nさん、ありがとうございました。

|

2011年1月 1日 (土)

新年おめでとうございます

Dec27_01  皆様、新年おめでとうございます。

風は冷たいながら、明るく雲ひとつなく晴れ渡った年明けでした。

気持ち良い~sun

大空に向かって深呼吸すると、新鮮な空気が身体中をめぐっているような、すがすがしい元旦の朝。

今年も、健康で幸せないい年になりますように~。

|