カテゴリー「2007年のこと」の記事

2007年12月23日 (日)

歳末あれこれ

Dec2303  もう、三日前のこととなってしまいましたが、神戸の花鳥園に行ってきました。カルチャーの講座に来てくださっている有志の皆さんが、計画してくださって、連れて行っていただきました。

広い温室に、フクシアやスイレンが色とりどりに咲いて、おとぎの国のよう。

Dec2304 その中で、一番嬉しかったのが、たくさんのフクロウとミミズクに会えたこと(^^)~

ご覧ください。この愛らしいこと!

Dec2305 夜行性なので、見た時は、枝にとまって、うつらうつらしていました。しょぼしょぼ眠そうな目が、なんともかわいい~♪

大急ぎでスケッチしました。

そして、翌日、児童クラブに絵本を読みに行った時、↑の絵を見せながら、「フクロウとミミズクの違いを知っていますか?」なんて話題をふって、楽しくおしゃべり・・・♪

見てきたことは、ちゃんと役立てています。

昨日は、その児童クラブの「クリスマス会&お餅つき」。

ご招待いただいて、一緒にゲームしたり、お餅をまるめるお手伝いをしてきました。「おしりかじりむし」「フルーツバスケット」「伝言ゲーム」「シールや色紙を使った工作あそび」などなど、、

一日遊んでわかったこと・・・それは私ってとっても不器用なんだってこと。 大人になっても、いくつになっても、すばしっこくなることは無理だと確認。

ここ数日、こんな感じで遊んでおりました。

|

2007年12月 9日 (日)

サンタさんのカード

Dec0803 スーパーで買い物をしていたら、’きっと君はこな~い♪’ と山下達郎さんの歌声が・・・

いい歌だな~。クリスマスイブ。大好き!

Dec0806 サンタさんを描いてクリスマスカードを作りました。

今年は、我が家のクリスマスホーリーがたくさん実をつけました。

は~い!みんな、みんなお幸せにー。Dec0807

それから、このブログをはじめて、もうすぐ一年になります。遠くにいる家族や友人に、「私は元気ですよ~」と伝えたくてはじめた、HPとブログですが、はい、私は元気でおります。Dec0804

そして、夕方からホテルのディナーショーに行ってきました。仕事上のおつきあいで、毎年のように誰かのショーを、楽しんでいます。今回は叶姉妹のダイナマイトボディを眺めてきました。こんな世界もあるのね~。お料理もワインもおいしかったです^^

|

2007年11月11日 (日)

それぞれの秋

Nov1002  もう3日過ぎてしまいましたが、徳島公園にスケッチに行きました。

今年の紅葉は遅いと思っていましたが、自然は忘れずに、木の葉を染めていました。桜や南京ハゼはそれぞれに赤く、イチョウは明るい黄に・・

Nov1003 去年と同じ場所に座って、同じイチョウの木を見上げて、無心に絵筆を動かしていると、気持ちのザワザワが溶けていくような気がしました。

そして、昨夜は、私たち夫婦の結婚記念日を祝って、娘がシャンパンを持って訪ねてくれました。

ポーンとあけて、飲んでしゃべって、親のこと、子供達の将来、自分たちの生き方・・などなど、思いを馳せた秋の夜長でした。

|

2007年11月 4日 (日)

ザクロ

Nov0401  ザクロが美味しい!!!

スーパーで買ってきた、外国産のザクロの美味しいこと。リンゴぐらいの大きさで、リンゴのように真っ赤で、ルビーの味がする・・・?

うちにも昔から大きなざくろの木がありますが、美味しいと言える実がなったことがありません。

種類が違うのでしょうね。Nov0402 しかし、花の色が鮮やかですし、たとえすっぱい小さい実でも、姿はかわいいです。

柿は、結局一個しか口にはいりませんでした。

柿の葉の紅葉も、一枚一枚見ると見事です。

|

2007年10月21日 (日)

柿の木

Oct2101  こちら四国でも、さすがに夜は冷えてきました。実家の母は、もう炬燵をだしたそうです。ちょっと早すぎ。

Oct2102 居間の真南に、柿の木があります。20年程の大きな次郎柿。美味しくて素質はいいのに、いつも10コほどしか実りません。今年は9コなってると思っていたのに、半日目を離したスキに、4コに減っていました。なんと、カラスがつついて落ちてしまっているではありませんか。木に残っているのは、色のわる~いのだけ・・・

ご近所の柿畑は、輝くような鈴なりなのに、うちはいつも口に入るのは一個か二個。効率悪いので、切ってしまおうかとも思いますが、初夏の若葉が美しいので、残してあります。

かろうじて食べられる一個の柿が美味しいのですよ。なーんて贅沢!

|

2007年10月14日 (日)

庭しごと

Oct1402  道を歩いていると何処からともなく金木犀の香り・・・いいな~好きだな~。

昨日は、休んでいた司会業に復帰。久しぶりにドレスを着てハイヒールを履いため、ヘトヘトに疲れてしまいました。普段からラクをしていてはいけませんね。気をつけねば・・

たっぷり休んで、今日は一日土いじり。ツタンカーメンの豆黒百合の球根バラの苗を頂いたのですよ(^^) 私が挿し木した紫陽花椿も4,5本活着しています。ムクゲレンギョウも何本か・・。

おほほ・・嬉しい・・

早速コーナンへ行って、腐葉土、バーク堆肥、園芸の土、etc・・豆と芋の土などというのも見つけて、どっさり買い込んで楽しくガーデニング。Oct1401

伸びすぎた庭木を自己流で剪定し、落ち葉をかき集めてたき火をしていると、頭の上で百舌が鳴いています。土を掘り返したら中から蛙が出てきて、動こうとしない。グレーに色が変っているところをみると、冬眠にはいったのでしょうか。百舌にねらわれないように隠しておく。

来春を楽しみに、一日かかって苗や種を植え、後始末の為にたき火をしながら焼き芋を焼いていると、「働いたぞー」という充実感がふつふつと湧き上がってきました。

実家のことに気をとられ、自分の家のことは放りっぱなしだったことを痛感。

蛇足ですが、掲載した「モクズガニ」はゆでたカニでして、赤いカニが住んでいるわけではありません。捕ってきてくださったOさんありがとうございます。まだ冷凍庫におります。

|

2007年10月 3日 (水)

感謝

Oct0301  曼珠沙華の赤が、風景の中にアクセントを添えています。私の部屋の窓から見える隣の空き地は、コスモスの花畑となって、今が見頃です。

学校帰りの子供達のかん高い声も、のんびり鳴く山鳩の声も、いつもと変らぬ秋の日の午後。

Oct0302

7月のはじめに、父の食欲が落ち過ぎていることを、医者から告げられ、何とかして食べてもらうように働きかけることからスタートした<父の介護>でした。父と接しながら、人生を終える支度をしているのだと、なんとなく感じました。

どういう終え方が父にとって一番幸せなのか・・

そればかり考えていたように思います。考えた末、これまでと変らず、母と一緒に家で暮らし、訪問診察、在宅介護、在宅看護を受ける道を選びました。

子供の頃と逆転して、親の保護者になった私は、重い責任を背負い、頻繁に実家と家を行き来しながらも、本音は苦しかったです。

そんな時、応援してくれた家族の言葉が何よりありがたかったです。

「よくやってるね。間違ってないよ。それでいいんだよ。」と、理解して励ましてくれる夫の言葉に、どれほど勇気づけられたことか。また、娘達もそれぞれの立場から力を貸してくれました。

お医者さん、看護師さん、ヘルパーさん、ケアマネさん・・お仕事とはいっても、誠実に一生懸命尽くしてくださって、私はただもう、感謝の気持ちでいっぱいです。

|

2007年9月29日 (土)

パパ

Sep2408  父が亡くなって、昨日が35日でした。祭壇に飾った菊の花がいい香り。

七日毎にお供えするお料具膳やお団子作りも手慣れてきて、てきぱきと出来るようになりました。Sep2405

父は、娘の私からみても、ハンサムな人でした。昔風の、端正で上品な二枚目・・だと思います。夏でも外出するときはいつもジャケットを来て、スッと歩く姿はかっこよかったです。

子供の頃、「おとうさんにそっくりね。」と言ってもらえると嬉しかったものです。

Sep2407b

真面目で几帳面、誠実にきちんと生きたひとでした。娘の私はどれほど可愛がってもらったか、例えることが出来ません。Sep2407a

若い頃は苦労したようですが、私がわかる範囲の父の人生は、幸せだったと思います。

そして最期も・・・。

穏やかな笑顔を残してスーっと逝きました。

パパ大好き。ありがと。        ~合掌~

|

2007年9月 5日 (水)

作品展

Dsc01796 今、私が教えている絵手紙講座の作品展を開催中です。

毎年この時期に開いていて、今回で6回目です。

講座生の皆さんが意欲的で、だんだん充実してきていまして、私が言うのもなんですが、力作揃いです。

Dsc017971 今回の特徴は、 (↑) 180cmの巻紙に挑戦したこと。 長かった・・

(→)扇面に描いてみたこと。これは、まあやりやすかったかな?

離れて暮らす大切な人に気持ちを伝えようと、葉書に絵をそえることから始めた絵手紙が、こんな大きな絵を描けるように発展しました。

Dsc01798

お近くのかたは是非おこしください。

徳島市シビックセンター5階市民ギャラリイーで9月9日4時までやっております。

Dsc01799

|

2007年8月18日 (土)

晩夏

Aug1803 今日、関東地方は涼しかったそうですが、こちら四国は相変わらずの猛暑のまま・・・。う~~ん、さすがの元気ものの私も、バテ気味です。庭木や草花も、息も絶え絶えです。

まず、庭の紅葉が枯れそうで、ダウン寸前。いえ、もう枯れてしまったかも知れません。日が暮れてから「元気にな~れぇ!」と念じながらホースで水をかけていますが、どうもしっかりしません。

大事にしている紫陽花の水無月の葉がなくなっています。ドキッとしてそばのフェンスに目をやれば、大きな大きな蝶の幼虫が、角を伸ばしてノ~ビノ~ビしているではありませんか。「おのれ、紫陽花の葉を食べたな!」とやっつけようと思ったけど、もしかしたら美しい黒アゲハの幼虫かもわかりません。めでたく蝶になれたあかつきには、私の部屋の窓の前を飛んでね。

窓の向こうでは、蝉が大合唱をしています。その中に、ツクツクボウシのソロが一段と強く響いています。

秋が顔を見せ始めました。

|

より以前の記事一覧